FC2ブログ

監禁改造(10ヶ月契約)が満了し、元の生活に戻る・・・(修正)

◇History β(礼子遍歴)
04 /15 2008
樋口礼子、樋口太蔵の妻であり、青林会穴戸病院院長兼、青林学園理事長だが、男を見ただけで淫汁を垂れ流し、犬に至っては発情してしまうほどの変態女・・・

10ヶ月前とは別人となった礼子・・・そんな姿で屋敷に帰ることも出来ず、理事長室で寝起きをする・・・
巨大な両乳首のリングには太腿まであるチェーンが1対・・・
子供のペニスほどある巨クリには180cmのもの・・・
黒ずんで5cm強まで引き伸ばされたラビアには太腿の外周を廻すように3対・・・

契約完了前日に施されたチェーンにより義母は下着を着ける事が出来なくなった上、ぶら下がるチェーンは日常生活を更に困難なものした・・・
苦肉の策で、両乳首のチェーンは、互いに体の中心でクロスさせ、両脇から背中に廻し、サラシを巻くように胴に巻き付ける。
巨クリの180cmチェーンが問題である・・・これは会陰部のピアスを通して股間から臀部~腰まで廻し、それを腰にグルグルと巻きつけフンドシのような状態にした。
極度に敏感になった部分は、衣服がすれる度に残酷なほどの快感を義母に与える・・・この為、義母は巨大な乳首や陰核に黒いガムテープを貼って過ごしている・・・
淫汁臭のピンヒールやレザーのスーツは、契約終了時に失い、落ち着いたスーツとローヒールに履き替える・・・しかし、足の甲のマ○コマークの刺青はむき出しになる・・・
その足の甲の刺青を隠すため、いつも濃い目のタイツを履かざるを得ず、手の甲の刺青は大きな絆創膏を貼っている。
額の刺青・・・当然のカツラ着用、額全面は勿論、眉が隠れるようなショートボムのそれ・・・今後、義母の前髪が伸びても、生涯カツラの着用は必要であろう・・・

尿道や肛門は常時穴が開いた状態となり、便が漏れしまう・・・
この為、以下の装備を余儀なくされる・・・生涯・・・

《装置・装着具》
① φ1.5cmの尿道ストッパー(導尿アダプターにより排尿)
② φ6.5cmのアヌスストッパー(携帯電話により開錠する)
  ・ 回転・振動等のバイブ機能
  ・ 電子錠により、会陰部と肛門後部のリングピアスに固定 (通信にて外部からのみ開錠)
  ・ 中心部にφ4cmの空洞があり、装着のまま排泄可(排泄栓は通信にて外部からのみ開閉)

青林会穴戸病院院長や青林学園理事長の職務どころか、日常生活ですら正常でいられない義母は、職務が手につかず、失態を繰り返す。
学園や病院では、義母の正体を知っている洋子の手の者たちは、義母に一切の手を出さない・・・
また、夫である父も、こんな義母を疎んじ会おうともしない。
(無論、このように仕向けたのは父であるが・・)

悶々とする日々を送りつづけ義母は・・・

人気ブログランキングへ←ランキング応援よろしくお願いいたします。(^人^)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

The Edge

「肉便姫♂♀」・・・それは淫乱マゾ牝・・・変態色魔・・・発情豚・・・公衆肉便器・・・欲情肉人形・・・肉体を持つが人間では無い無機質なモノとなり一生を送る・・・生涯を一時たりとも止む事の無い色欲と共に淫蕩な世界で過ごすことを意味する・・・そんな存在をこの世に生み示すことが私の夢・・・